2018年07月20日

7.29『RIZIN.11』でシビサイ頌真 vs. ボルドプレフ・ウヌルジャルガルが決定



Shoma Shibisai(Sherdog)

Unurjargal Boldpurev(Sherdog)

RIZIN 7.29 さいたまスーパーアリーナ:巌流島で活躍のヘビー級戦士・シビサイ頌真が初参戦。朝青龍推薦のモンゴル人と対戦(バウトレビュー)
◆シビサイ頌真 Shoma Shibisai
1991年3月11日生/191cm/108.0kg/千葉県出身/倉本流武術所属

ラオスと日本のハーフで中学から柔道を始め、高校卒業後に「俺は最強を目指す」と決意し、19歳からパラエストラで柔術を学ぶ。190cm超えの恵まれた体格を武器に11年Krushでキックボクシングプロデビュー。12年からHEATに参戦し、DEEP、ZST、GRACHANと様々なリングで闘っている。“全身凶器”として知られる伝説の武道家・倉本成春師範から武術を学び、昨年は舞台を巌流島へと移し、2連勝。そして迎えた今年1月の試合では、巌流島旗揚げトーナメント初代王者ブライアン・ドゥウェスをレフェリーストップによる1R25秒の圧勝劇を披露する。層の薄い日本人ヘビー級にあって、今後が嘱望される逸材だ。

◆ボルドプレフ・ウヌルジャルガル Boldpurev Unurjargal
1988年7月10日生/188cm/120.0kg/モンゴル出身/Mongolian Top Team Club /Team Asashoryu所属

元横綱朝青龍が太鼓判を押す、レスリング、サンボ、モンゴル相撲をバックボーンに持つ本格派グラップラー。09年に地元のMongolian MMAでデビュー。1RパウンドからのKOで勝利すると翌年同大会のライトヘビー級タイトルに挑戦し、1R TKOでベルトを巻く。13年に技術を学ぶため、ロサンゼルスに渡米。翌年にカリフォルニア州のローカル大会UofMMAで北米、そしてヘビー級デビュー戦を2RTKO勝利で飾る。16年には中国のChindao MMA に参戦し、現在人気絶頂中のアウルコロと対戦し、1R TKOで勝利している。グラップリング大会などにも積極的に出場しており、13年に行われたADCCアジア大会では3位入賞。グラップリング競技をバックボーンとして持つボルドプレフのテイクダウンは防ぎにくく、トップポジションをキープしてからのパウンドは強烈だ。下からの攻めを圧倒的な圧力で潰してパウンドの連打は必勝パターンだ。

 最近榊原信行実行委員長と谷川貞治さんが話し合ったようですが、早速巌流島ファイターの参戦です。


【公開練習】『RIZIN.11』北岡悟が公開練習!!(RIZIN)

【公開練習】『RIZIN.11』浅倉カンナ、扇久保博正が公開練習!!(RIZIN)

 その他RIZIN情報。

リバーサル Tシャツ REVERSAL×巌流島 DISCUSSION & EXPERIMENT TEE Tシャツ トップス
リバーサル Tシャツ REVERSAL×巌流島 DISCUSSION & EXPERIMENT TEE Tシャツ トップス
posted by ジーニアス at 07:08
"7.29『RIZIN.11』でシビサイ頌真 vs. ボルドプレフ・ウヌルジャルガルが決定"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索