2018年07月06日

無念! UFC 226 マックス・ホロウェイ vs. ブライアン・オルテガが直前で中止に



 7月7日にラスベガスで開催する『UFC 226: Miocic vs. Cormier』で行う予定だったマックス・ホロウェイ vs. ブライアン・オルテガのフェザー級タイトルマッチですが、ホロウェイに脳震盪の兆候があることから中止になるとのこと。先週末から様子がおかしく月曜日に検査を受けて異常なしと診断されたものの、その後も体調が優れなかったことから欠場。大会直前ということもありオルテガに代打は用意されず中止になったそうです。

 ホロウェイはUFC 222ではフランク・エドガー戦を負傷欠場、UFC 223ではトニー・ファーガソンの代わりにハビブ・ヌルマゴメドフのライト級王座に挑戦することになっていましたが、こちらも体調不良により欠場しています。



 これに対しブライアン・オルテガはツイッターで「仕方がないさ。後日対戦しよう」とコメントしています。

Paul Felder-Mike Perry moved to UFC 226 main card after Holloway-Ortega cancellation(MMAJunkie)

 これによりポール・フェルダー vs. マイク・ペリーがメインカードに昇格します。

posted by ジーニアス at 04:50
"無念! UFC 226 マックス・ホロウェイ vs. ブライアン・オルテガが直前で中止に"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索