2018年06月29日

ジョニー・ヘンドリックスが引退を発表「やりたいことは全て達成した」



Former UFC champ Johny Hendricks announces MMA retirement(MMAJunkie)

 ジョニー・ヘンドリックスがMMA引退を表明し以下のコメント

「俺は終わった。引退した。MMAの世界から離れる。そのことについてずっと考えていたしツライものだった。自分のルーツに戻るよ。オール・セインツ(テキサス州フォートワースの司教学校)で(レスリングの)コーチをする。去年も少し高校でコーチをしたが、今後は全てをそれに費やす」

「ここ7ヶ月間、練習もせず何の心配もすることなく自宅で子供たちと過ごした日々が素晴らしかったことが、決断した理由のひとつだ。俺は妻に『これでいいか?』と言った。決めたのは2週間前だったが大丈夫か確認したかった」

「ジョルジュ・サンピエール戦の本当の結果は世界中の人が分かってる。俺は納得しているよ。100万ドルのオファーでもあれば話は別だがな。だが俺の中ではやりたいことは全て達成した。今はそう感じている」

「これからUFCやUSADAに引退の報告をする。目標は(高校の)全米チャンピオンを育てることだ。俺以上のレスラーを育てたいし、そのためにも過去を忘れて前進しなきゃいけない」

「俺はこれまで周囲の人たちに恵まれてたと思う。自分がここまで満たされた人生を送ってきた一方で俺は何をしてきたか? そう考えるとすぐにでも始めなきゃいけないし、その時が来たということだ。俺はやりたいことを全てを達成したし、とても幸せだった」

「俺は9年前にチャンピオンになると宣言していた。多くの人たちは『何フザけたことを言ってんだ?』と思っただろう。そして今、俺は原点に戻ってやるべきことをやる。俺は家族との生活、普通の生活の良さを知ってしまったし、完全に満たされている。そのことをみんなに言いたかった」


Johny Hendricks(Sherdog)

 ジョニー・ヘンドリックスは現在34歳。MMA戦績18勝8敗、UFC戦績13勝8敗。高校時代にレスリングで3度オクラホマ州チャンピオンになり、大学時代はNCAAディビジョン1で2度チャンピオン、オールアメリカンに4度選出。UFC 167でジョルジュ・サンピエールのウェルター級王座に挑戦するもスプリットデシジョンで判定負け。その後GSPの王座返上を受けてUFC 171でロビー・ローラーと王座決定戦を行い判定勝ち、新チャンピオンになっています。しかしその後、UFC 181でローラーにリベンジされて王座陥落すると戦績がふるわなくなり、ミドル級に転向後の戦績も1勝2敗。『UFC 217: Bisping vs. St-Pierre』でパウロ・コスタに2R TKO負けした試合がラストファイトとなりました。

posted by ジーニアス at 16:11
"ジョニー・ヘンドリックスが引退を発表「やりたいことは全て達成した」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索