2018年04月29日

ケビン・リー「次期タイトル挑戦者は俺になるべきだ」

ビジネスで差がつく「自己アピール」の技術 (知的生きかた文庫)
ビジネスで差がつく「自己アピール」の技術 (知的生きかた文庫)

Kevin Lee: I'll answer questions about Khabib Nurmagomedov that Dustin Poirier, Eddie Alvarez can't(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 128: Barboza vs. Lee』でエジソン・バルボーザに5R TKO勝ちしたケビン・リーが以下のコメント

「次期タイトル挑戦者は俺になるべきだ。まずエディ・アルバレスは(UFC 223で)1ヶ月以内のオファーで試合をするには太り過ぎていたので試合ができなかった。彼はそういうチャンスを何度も逃している。ダスティン・ポイエーも多くの人たちが望んでいるのなら組まれるかもしれないが、彼には多くの疑問が残るし、それにまだ答えていないと思う」

「一方俺はコンプリートファイターだ。俺は疑問に答えられるし、ハビブ・ヌルマゴメドフだったら尚更だ。レスリングもスタミナも打撃も俺の方が上だ。誰が最も相応しいかはいずれ分かるだろう」

「ネイト・ディアスは本気で闘う気はない。黙っているか自転車を漕いでいろ。コナー・マクレガーがどうなるか次第だが、俺はハビブの次の相手になると思ってる」

「計量オーバーしてしまったのにはイライラした。こんなことは人生で一度も無かった。ただのミスだし、あと15分あれば落とせただろう。だが起きてしまったことは仕方がないし、試合に集中することにした。だからメンタルの強さを示せたと思う。僅かなミスだった。俺の体重計とオフィシャルの体重計で誤差があった。こういうハプニングもある。真のチャンピオンは前向きじゃなきゃいけない」

posted by ジーニアス at 15:33
"ケビン・リー「次期タイトル挑戦者は俺になるべきだ」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索