2018年04月14日

ローズ・ナマユナス「バス襲撃事件に巻き込まれたこともあって前回より難しい試合だった」



Rose Namajunas says she had reservations about fighting even at the arena for UFC 223(MMAFighting)

 『UFC 223: Khabib vs. Iaquinta』でヨアンナ・イェンジェチックに判定勝ちし女子ストロー級王座を防衛したローズ・ナマユナスが以下のコメント

「アリーナに入った時でさえ『マジでこんなことやりたくない』って思ってた。そのことを(ボーイフレンドの)パット・バリーに言うと『オンになってない』と怒られたわ」

「(コナー・マクレガーのバス襲撃事件は)一体全体何が起きたのか訳が分からなかった。台車が車の窓まで飛んできたのを見たけど、それがコナーの仕業だと知ったのは後になってからだった。それからハビブ・ヌルマゴメドフやその他の人たちと一緒にゆっくり移動したわ。テロ攻撃なのかどうかとかさっぱり分からなかった」

「ホテルに戻っても眠れなかったし、翌日になっても落ち着くことができなかった。『彼らは誰かを殺しに来たの? それとも試合をしに来たの?』って思ってしまった」

「今回は色んな意味で特別な試合だったけど、間違いなく前回より難しい試合だった。最初は自動操縦のように自然に体が動いた。それからマニュアル操縦になって自分で全部コントロールできるようになっていった。5ラウンドは本当にタフだったけど、自分のことを褒めたいわ」

「第5ラウンドはチャンピオンのハートを持って闘ったし、私はそのラウンドを取った。チャンピオンとはそういうものよ。(イェンジェチックのコーチである)マイク・ブラウンが以前言ってたことを私がやっただけよ」

posted by ジーニアス at 08:27
"ローズ・ナマユナス「バス襲撃事件に巻き込まれたこともあって前回より難しい試合だった」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索