2018年03月22日

『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』試合結果/一夜明け会見

【K-1】全試合結果=2018年3月21日(イーファイト)

 3月21日にさいたまスーパーアリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』の試合結果。全19試合の長丁場。第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントは武尊が優勝。スーパー・バンタム級タイトルマッチは武居由樹が久保賢司に1R KO勝ち。ライト級タイトルマッチは卜部功也がウェイ・ルイに2R KO勝ち。平本蓮はゲーオ・ウィラサクレックに2R KO勝ちしています。

K-1 3.21 さいたまスーパーアリーナ【スーパー・フェザー級王座決定トーナメント】:武尊、スタウロス・郷州征宜・小宮山工介を撃破し3階級制覇達成「僕とやりたいならK-1上がって来てください」(バウトレビュー)
 武尊は子供時代のK-1への憧れ、旧K-1休止からここまで這い上がった状況を振り返り「今日からは新生K-1の『新生』はいらないです。『K-1』でお願いします。K-1は希望と夢を与えられるパワーがあると思います。地上波のゴールデン生中継を現役中に実現させたいです。そのためにこれからもK-1を応援してもらえるとうれしいです」とアピール。そして一息置いた後、「で、僕、勝ち続けているんですけど、僕とやりたいと言っている選手もいますけど、やりたいならK-1上がって来てください。K-1が世界最強のリングです。K-1最高」と、名指しはしなかったものの対戦待望論が途切れない那須川天心を意識したメッセージを発した。「僕とやりたいならK-1上がって来てください」という主張は、那須川の最初の対戦要求時から一貫しており、改めてそこを武尊は変えない姿勢を示した形だ。



 武尊のコメントに対し那須川天心はツイッターでこんなコメントをしています。

K-1 3.21 さいたまスーパーアリーナ【一夜明け会見】:武尊「卜部兄弟に『お前もこのベルトを巻いてくれてうれしいよ』と言われて、涙が出ました」(バウトレビュー)

K-1 3.21 さいたまスーパーアリーナ【一夜明け会見】:武居由樹「久保賢司選手が対極のキャラで来てくれたおかげ」、卜部功也「ここまでやってきて良かった」、木村ミノル「功也君に裏切られました(笑)」(バウトレビュー)

 一夜明け会見の様子。

PENTAX 一眼レフ K-1 Mark II ボディ 15996
PENTAX 一眼レフ K-1 Mark II ボディ  15996
posted by ジーニアス at 21:39
"『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K’FESTA.1~』試合結果/一夜明け会見"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索