2018年03月18日

ファブリシオ・ヴェウドゥム「スティペ・ミオシッチ vs. ダニエル・コーミエが組まれた理由は理解している」


UFC-London headliner Fabricio Werdum: 'I feel like a company guy now'(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 127: Werdum vs. Volkov』でアレキサンダー・ヴォルコフと対戦するファブリシオ・ヴェウドゥムが以下のコメント。ヴェウドゥムは以前UFCとリーボックのスポンサー契約を批判したことからUFCのスペイン語解説の仕事を外されていましたが、最近復帰しています。

「俺がUFCに所属していること、試合で儲けてくれるのがとても嬉しい。会社人間になれて嬉しいよ。実際問題、俺は会社人間にならなきゃいけない」

「コルビー・コヴィントンとは色々あったが、彼は取るに足らないヤツだ。俺は彼を挑発していない。彼は俺のことを“ブラジリアンアニマル”呼ばわりした」

「俺にとっては過去のことだ。彼は取るに足らないヤツだ。試合に勝ってもいない。戯言を言ってるだけだ。どこの国でも口が悪いから信用されていない。チャンピオンでもない。俺を挑発したのは勇敢だったがバカでもある。これがブラジルだったら彼は地獄行きだった。彼は外国をリスペクトすることを学ぶべきだ。だがそれも過去のことだ」

「最近デイナ・ホワイトにこれらのことを全て説明した。コメンテーターに復帰できてとても嬉しい。スペインに数年間住んでたこともあるしエンジョイしている」

「今は会社人間になったと思うし、ビジネスのことも理解している。スティペ・ミオシッチ vs. ダニエル・コーミエが組まれたことも理解している。チャンピオン同士の対戦はファンも歓迎している。試合の解説がしたいし、その大会に出場できるなら試合をしたい」

posted by ジーニアス at 00:52
"ファブリシオ・ヴェウドゥム「スティペ・ミオシッチ vs. ダニエル・コーミエが組まれた理由は理解している」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索