2017年11月30日

榊原信行実行委員長が日馬富士のRIZIN参戦に言及

【RIZIN】大みそかに向け早速オファーへ「日馬富士は欲しい」(イーファイト)
 会見では、現役引退を発表したばかりの横綱・日馬富士(モンゴル)の大みそか参戦の可能性の話題となり、榊原信行RIZIN実行委員長は「大みそかに紅白と勝負する我々としては、いくつかのキーワードの中で“日馬富士”、“モンゴル”、“大相撲”は欲しいです。デリケートなところですが、既成概念に捕らわれず、ぎりぎりまで攻めていきたい」と日馬富士の大みそか参戦オファーもかけていきたいという。

 また「総合格闘技をやらせたら強そう。総合格闘家としてのポテンシャルを感じますし、ラブコールを送っていきたい」とした。

日馬富士にRIZIN熱視線「向いている」榊原氏(日刊スポーツ)
 「テレビを見る人は、世の中の今の話題に首ったけ。大みそかで勝負すればするほど、モンゴル、大相撲、そういうキーワードは欲しい。ぎりぎりまでやってみたい」と、日馬富士をRIZINのリングに上げる方法を模索していくことを示唆した。そして「まだ、大きな問題もある。引退したらどうなるのか、罪の問題はどうなるのかなど、見守らないといけない。ただ、ラブコールは送っておきたい。大みそかには見に来てほしいね」とコメントした。



 RIZINの記者会見と日馬富士引退会見が被ってしまったのをネガティブに受け止めていましたが、むしろ良かったのかもしれません。

日馬富士に早くも「RIZIN」からラブコール? ネット「リモコンもって登場を」(J-CAST)

 ネットでは賛否両論です。ちなみに曙がボブ・サップと対戦したのは2003年大晦日ですが、引退したのは2001年でした。

posted by ジーニアス at 18:52
"榊原信行実行委員長が日馬富士のRIZIN参戦に言及"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索