2017年11月05日

コナー・マクレガー「共同プロモーターになれなければUFCに復帰する気はない」

やっかいな交渉相手に公正な提案をさせる方法 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文
やっかいな交渉相手に公正な提案をさせる方法 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

Conor McGregor declares he won't return to UFC unless he's co-promoter(MMAJunkie)

 コナー・マクレガーが共同プロモーターになれなければUFCに復帰しないと主張し以下のコメント。

「俺はフロイド・メイウェザー戦の(共同)プロモーターだった。そして現在俺たちは交渉している。全体を共有できないとオクタゴンには戻らない…なぜなら俺はプロモーターだからだ」

「彼らは42億ドルで身売りしたり色々バカげたことをした後に債務整理をするために年内に俺を担ぎ出そうとしている。こっちは再三再四のオファーを座って眺めているし、じっくり時間を掛ける必要がある。俺は焦っちゃいない。最高の立場にいるからな。果てしないマネー・ステージに立っている。現金集計機を持て余しているような状況だ」

「今でも闘うことは好きだ。映画を観るのも好きだ。俺はそれらの全てのショットが投げられているのを見守っている。どうなるかは分からない。俺は今後も間違いなく闘う。何度も闘う。だがそれをする時はビジネスのこと、個人的なもの、帝国に関わる全てのもの、運営する、維持する、構築すること全ての外部のものを排除する必要がある」

posted by ジーニアス at 00:30
"コナー・マクレガー「共同プロモーターになれなければUFCに復帰する気はない」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索