2017年11月01日

『UFC Fight Night 119』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC Fight Night 119: Brunson vs. Machida』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 バンタム級はペドロ・ムニョスが1ランクアップし11位。ムニョスに敗れたロブ・フォントは1ランクダウンし14位。

 ライト級はフランシスコ・トリナルドがランク外から15位にランクイン。これにより15位にいたマイルベク・タイスモフがランク外に落ちています。

 ウェルター級はコルビー・コヴィントンが4ランクアップし3位。コヴィントンに敗れたデミアン・マイアは2ランクダウンし5位。

 ミドル級はデレク・ブランソンが1ランクアップし6位。ブランソンに敗れたリョート・マチダは13位にランクイン。これによりティム・ボウシュがランク外に落ちています。

歴史人別冊 完全保存版 徳川15代将軍最強ランキング
歴史人別冊 完全保存版 徳川15代将軍最強ランキング (ベストムックシリーズ・55)
posted by ジーニアス at 17:35
"『UFC Fight Night 119』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索