2017年10月31日

コルビー・コヴィントン「タイロン・ウッドリーはスパーリングでも俺から逃げたしビビってる」

ハイパフォーマーは知っている 恐怖に負けない技術
ハイパフォーマーは知っている 恐怖に負けない技術

Covington Calls for Title Shot, Says He Beat Maia ‘Way Worse’ Than Champ Woodley(Sherdog)

 『UFC Fight Night 119: Brunson vs. Machida』でデミアン・マイアに判定勝ちしたコルビー・コヴィントンが以下のコメント

「タイロン・ウッドリーよ、俺が3ラウンドでデミアン・マイアにしたことを見てみろ。俺はウッドリーが5ラウンドかけてしたこと以上にマイアのことを傷めつけてやったぞ。もう目の前に置いて欲しい相手はタイロン・ウッドリーだけだ。彼は俺から逃げている。俺は以前ジム(アメリカン・トップチーム)で彼に勝ってるし、今度はオクタゴンでフィニッシュしたい」

「(以前スパーリングをした時)俺は3ラウンドでウッドリーをフィニッシュした。その日は5ラウンドやるはずだったのに、彼は『終わりだ。もういい』と言った。彼はそれ以上やりたくなかった。俺のペースについていけなかった。彼の試合を見てみろ。下がってばかりでビビってる。保守的な闘い方だ。俺が仕留めてやる。オクタゴンの中でな。約束するよ」

「今日は自分にガッカリしている。デミアン・マイアをフィニッシュして引退させるつもりだった。だが、彼は戻って来ないと思うし満足している部分もある。観客の反応は予想通りだった。彼らは俺を憎んでいるし、俺も彼らはリスペクトしない。俺はアメリカのファンに向かって喋ってるんだから通訳なんていらねーよ」

「今回はベストパフォーマンスを出せなかったし、俺はこんなもんじゃない。ベストパフォーマンスはタイロン・ウッドリー戦に取っておくよ」

posted by ジーニアス at 17:38
"コルビー・コヴィントン「タイロン・ウッドリーはスパーリングでも俺から逃げたしビビってる」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索