2017年10月28日

『UFC Fight Night 119』禁止薬物の陽性反応で欠場したカルロス・フェリペに2年間の出場停止処分

『UFC Fight Night 119』カルロス・フェリペが禁止薬物の陽性反応で欠場(2017年09月21日)

 こちらの続報。


UFC Newcomer Carlos Felipe Accepts 2-Year Suspension for Positive Steroid Test(Sherdog)

Carlos Felipe(Sherdog)

 『UFC Fight Night 119: Machida vs. Brunson』でクリスチャン・コロンボと対戦予定だったカルロス・フェリペが7月29日に行われたUSADAのランダムの薬物検査でスタノゾロール代謝物質の陽性反応が出たことから欠場しましたが、その後フェリペは2年間の出場停止処分を受け入れたとのこと。UFCデビュー戦は2019年9月までおあずけとなりました。

二年間の休暇(上) (岩波少年文庫)
二年間の休暇(上) (岩波少年文庫)
posted by ジーニアス at 19:47
"『UFC Fight Night 119』禁止薬物の陽性反応で欠場したカルロス・フェリペに2年間の出場停止処分"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索