2017年10月15日

デイナ・ホワイト「私はマーク・ハントを嫌っていない。ファイターの健康を守らなければいけない」

マーク・ハントが健康問題で『UFC Fight Night 121』を欠場、ファブリシオ・ヴェウドゥムがマルチン・ティブラと対戦→ハントは激怒(2017年10月11日)

 こちらの続報。

Dana White responds to Mark Hunt: I never hated him, and he knows that(BloodyElbow)

 11月19日にオーストラリア・シドニーで開催する『UFC Fight Night 121』でマルチン・ティブラと対戦予定だったマーク・ハントが自らの健康問題について語ったことを受けてUFCがハントを欠場させた件についてハントが激怒。インスタグラムで猛批判を展開し、「俺が(ブロック・レスナーの件で)UFCを訴えたことが原因だ。デイナ・ホワイトは俺のことをずっと憎んでいた」とコメント。

 そのことについてTMZがデイナ・ホワイトを直撃すると「彼らは自分の見を守らなくてはいけないし、現在調査中だ」「マーク・ハントは私が彼のことをずっと憎んでいたと言ったようだが、全然憎んではいない。彼のことは嫌いじゃないし、そのことは彼も分かってる。彼とはずっと良好な関係だった」とコメントしています。

嫌いじゃないの (文春文庫)
嫌いじゃないの (文春文庫)
posted by ジーニアス at 11:55
"デイナ・ホワイト「私はマーク・ハントを嫌っていない。ファイターの健康を守らなければいけない」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索