2017年10月11日

マーク・ハントが健康問題で『UFC Fight Night 121』を欠場、ファブリシオ・ヴェウドゥムがマルチン・ティブラと対戦→ハントは激怒

マーク・ハント「睡眠障害や言語障害が出てきた。記憶力も落ちてきたが、まだまだ闘う」(2017年09月17日)

 こちらの続報。11月19日にオーストラリア・シドニーで開催する『UFC Fight Night 121』でマルチン・ティブラと対戦予定だったマーク・ハントが自らの健康問題について語っていましたが、

UFC cites 'medical concerns,' pulls Mark Hunt from UFC Fight Night 121 in favor of Fabricio Werdum(MMAJunkie)

 UFCがこのコメントを受けてマーク・ハントを欠場させ、代わりにファブリシオ・ヴェウドゥムをマルチン・ティブラと対戦させることを発表。「選手の健康と安全は団体にとっても最も重要なことであり、自身の問題について話している選手を出場させるわけにはいかない」「今後ハントがUFCに出場するには更なる検査と評価を受けることを義務付ける」との声明を発表しています。



 これに対しマーク・ハントはインスタグラムでデイナ・ホワイトを猛批判。中指を立てた絵文字を使用して汚い言葉で罵っており、ブロック・レスナー戦の件に続いて訴訟を起こすことを示唆しています。

Mark Hunt threatens another lawsuit after fight removal, curses 'bald-headed prick' Dana White(MMAJunkie)

 またハントは医師の診察はクリアしてるし記憶障害などは妻の冗談であることと、キャンプに10万ドルも使ってきたと主張しています。

Born to Fight: The bestselling story of UFC champion Mark Hunt, the real life Rocky
posted by ジーニアス at 12:30
"マーク・ハントが健康問題で『UFC Fight Night 121』を欠場、ファブリシオ・ヴェウドゥムがマルチン・ティブラと対戦→ハントは激怒"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索