2017年10月02日

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが『UFC Fight Night 117』を総括/アリスター・オーフレイム「高山善廣の見舞いにも行きたかった」etc.

(リーボック) REEBOK UFC 【FLAT BRIM SNAPBACK/TAN-NAVY】 [並行輸入品]
(リーボック) REEBOK UFC 【FLAT BRIM SNAPBACK/TAN-NAVY】 [並行輸入品]

 『UFC Fight Night 117: Saint Preux vs. Okami』関連情報を紹介

ノゲイラが見たUFCジャパン 「五味隆典の試合で世代交代の波を痛感した」ーーそして高山善廣、桜庭和志への熱い思い(週プレNEWS)

 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが以下のコメント。

─今回、5勝3敗という結果に終わった日本人ファイターについては?

ノゲイラ 五味隆典と佐々木憂流迦(うるか)に期待していたけど、ふたりとも残念な結果に終わってしまった(五味は1RTKO負け、佐々木は1R一本負け)。五味の試合を観ていたら、世代交代の波が押し寄せてきていることを痛感した。

─メインではオヴィンス・サン・プルーが岡見勇信(ゆうしん)を必殺のヴォン・フルー・チョーク(変形肩固め)で仕留めました。現役時代、ノゲイラさんは“千の技を持つ男”と呼ばれていたけど、この技の存在は知っていた?

ノゲイラ 知っていたけど、彼が使っていたのはもっと進化したヴォン・フルー・チョークだったと思う。柔術でも、この技はものすごく高いレベルの選手でないと使えない。プルーには優秀な柔術コーチがついているんだろうね。そもそもMMAは技術がどんどん発展していく競技だが、最近は再び柔術家がUFCファイターになっているから、これからも新しいテクニックが出てくることを期待するよ。

 他にもフロイド・メイウェザー vs. コナー・マクレガー、現在の仕事、高山善廣、桜庭和志についてなどを語っています。




 インスタグラムでも桜庭和志とのツーショットをアップしています。


【UFN117】暫定世界ミドル級王者ロバート・ウィティカー─01─「GSPがビスピンに勝つのは困難だ」(MMAPLANET)

【UFN117】暫定世界ミドル級王者ロバート・ウィティカー─02─「僕のバックグラウンドは剛柔流空手」(MMAPLANET)

 同じく来日していたロバート・ウィテカーがインタビューで以下のコメント。

──ビスピンとGSPの世界戦はどうなると思いますか。
「僕が思うには常識的に考えても、ずっと戦い続けてきて体格も大きなビスピンの方が有利だろう。GSPは試合をやってこなかったし、どう戦うのか。そこが見てみたい。でも、どっちが勝とうが僕が勝つことになる相手だからね」

──そもそもミドル級王座にGSPが挑戦できることをどう思いますか。
「GSPはワイルドカードを与えられるだけの結果を残してきたファイターだよ。これまでの功績で好きなようにできる。このスポーツで本当に凄い結果を残してきたのが、GSPだ。そんな彼が僕の階級で王座に挑戦することが嬉しいかといえば、決してそんなことはない。でも、まぁこれがビジネスだよ。

選手は金を稼ぐために戦っているんだし。僕も長い間待たされることになるから、それだけ嬉しくなるような額の見返りが欲しいね」

 他にも自身のバックグラウンドやシドニーでの練習環境などについて語っています。




 金原弘光もツイッターでアリスター・オーフレイムが見舞いに来てくれたと報告していましたが、オーフレイムも写真をアップしてます。高山善廣の見舞いにも行きたかったそうですが、面会謝絶で叶わなかったとのこと。


Ran into @kid_yamamoto on the streets of Harajuku 👊🇯🇵

Joseph Benavidezさん(@joejitsu)がシェアした投稿 -



 同じく来日していたジョセフ・ベナビデスは山本“KID”徳郁と会っていました。

posted by ジーニアス at 01:54
"アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが『UFC Fight Night 117』を総括/アリスター・オーフレイム「高山善廣の見舞いにも行きたかった」etc."へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索