2017年09月21日

UFC 214 ジョン・ジョーンズ、Bサンプルの結果も陽性だったことを知ったファイター・関係者の反応

トップアスリートの赤い闇 血液ドーピングなしには勝てない
トップアスリートの赤い闇 血液ドーピングなしには勝てない (朝日新聞デジタルSELECT)

UFC 214 ジョン・ジョーンズ、Bサンプルの結果も陽性だった(2017年09月13日)

 こちらの続報。

Twitter reacts to UFC champ Jon Jones' B-sample drug-test failure – and the takes are extra hot(MMAJunkie)

 『UFC 214: Cormier vs. Jones 2』ジョン・ジョーンズBサンプルの結果も陽性だったことを聞いたファイター・関係者のツイッターでの反応

ティム・ケネディ
「これでダニエル・コーミエは史上最も偉大なファイターになったのか? 無敗のUFCチャンピオンにしてStrikeforceヘビー級グランプリチャンピオン、そしてジョンを2度倒した唯一の男になる」

ジェームス・ムーンタスリ
「自分のキャリアを振り返り、誠実に闘ってきたことを誇りに思う。僕は16歳でテコンドーの全国代表になった時からUSADAの検査を受けてきた。(強くなるための)近道はない。不正行為も言い訳も通用しない。“混入したサプリメント”なんて通用しない」

マニー・ガンバーリャン
「マジか? 本当に彼のことが理解できない。とんでもない才能を持った驚異的なアスリートだった。リスペクトは無くなったよ。俺はいつも友人やファンに彼こそが史上最も偉大なファイターだと言っていた。だがそれは間違いだった。何度使ってきたんだ? このスポーツのファンとして本当に悲しいニュースだ。ジョン・ジョーンズへのリスペクトは全て失った。君がこの投稿を見ているかは知らないが、俺がリスペクトを失ったからといって嫌いにならないでくれ。俺は2007年からUFCで22試合しているが、勝敗に関わらず毎回計量をパスしているしクリーンだ」

ジョン・タック
「ジョーンズはBサンプルも陽性だった。史上最も偉大なライトヘビー級ファイターに何があったのか理解できない。永久追放になるのか、違うのか?」

チャド・ジョージ
「まぁ、そういうことだ」

ベン・ソーンダース
「評決が下ったな」

リントン・ヴァッセル
「不正が上手く行くことはあり得ないんだよ、ジョーンズ君」

ブレンダン・シャウブ
「ゲームセットだ」

コルビー・コヴィントン
「ステロイドを使うことを決める瞬間は自分が不十分であると認めることだ。俺にはプライドがある!」

posted by ジーニアス at 03:18
"UFC 214 ジョン・ジョーンズ、Bサンプルの結果も陽性だったことを知ったファイター・関係者の反応"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索