2017年07月14日

人命救助の小宮山工介が記者会見「とっさの判断でヒジ打ちが出ました」

K-1ファイター小宮山工介、炎が迫るトラックの窓を肘打ちで割り人命救助(2017年07月12日)

 こちらの続報。

K-1小宮山工介選手「ひじ打ち」で運転手救出!炎上寸前トラックの窓ガラス一発破壊(J-CAST)

人命救助のK1小宮山「恐怖心あった」肘には傷痕(日刊スポーツ)

【K-1】人命救助の小宮山「肘でレンガの破壊はあるが車のガラスは初」(イーファイト)

 人命救助をした小宮山工介が記者会見。

「トラックを運転していた男性が車内に閉じ込められていた。ドアロックが故障していて開かない。周囲に窓を破れる物も無かったため、とっさの判断でヒジ打ちが出ました。足や拳ではなく、ヒジが硬いという認識があったので、割れるイメージが頭に浮かんだんです」(小宮山)

 トラックのドアガラスとはいえ厚さ3~5mmある強化ガラス。ハンマーを使っても簡単には割れない。記者から「割れる自信はあったのか」と問われると、「割る自信というより、『割らないといけない』という気持ちがありました」と小宮山。

自動車が爆発するという恐怖心はもちろんありました。ヒジ打ちをする際、頭の奥では『怪我をして試合に出られないかもしれない』という気持ちもありましたね。でも自分で心を落ち着かせて、いつもの力を出そうと。救助した方が命に別状がなく本当に良かったと感じています」(小宮山)

 なかなかエグい傷跡です。K-1での復帰戦は当初9月18日を予定していたものの微妙な状況とのこと。

Yosoo 肘サポーター プロテクター 可調整 ひじ用サポート 通気性良好 保護用 スポーツ用【野球 テニ ス ゴルフ】
Yosoo 肘サポーター プロテクター 可調整 ひじ用サポート 通気性良好 保護用 スポーツ用【野球 テニ ス ゴルフ】
posted by ジーニアス at 18:09
"人命救助の小宮山工介が記者会見「とっさの判断でヒジ打ちが出ました」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索