2017年06月12日

マーク・ハント「UFCとの契約が終わるまでは闘い続けたい」

民法改正で変わる! 契約実務チェックポイント
民法改正で変わる! 契約実務チェックポイント

After UFC Fight Night 110 Win, Mark Hunt Wants to Finish Remainder of Promotional Contract(Sherdog)

 『UFC Fight Night 110: Lewis vs. Hunt』でデリック・ルイスに4R TKO勝ちしたマーク・ハントが試合後会見で以下のコメント

「オークランド大会だし、これがラストファイトならパーフェクトだったかもな。だが俺には残り時間がまだありそうだ。トップファイターとビッグファイトがしたいね。(UFCとの契約は)あと数試合だし、ランキングが上のファイターなら誰とでもやりたい」

「今日負けても辞めるつもりはなかった。俺は闘いたい。だがあと数試合で契約が終わるし、そういうことだ。契約を終えずに引退するなんて考えちゃいない」

「デリックは向かって来たし敬意を表する。彼はインチキ野郎じゃないし、俺は公平な舞台で闘いたいとずっと言ってきた。彼のことをリスペクトする」

「とにかく仕留めたかったが、ちょっと時間が掛かってしまった。デリックはタフだが俺はもっとタフだ。勝つのは時間の問題だった。最後は勝てたし満足している」

「まだ喋りを止めるつもりはない。まだ殺されるつもりはない。老兵はまだ前進するよ」

posted by ジーニアス at 02:20
"マーク・ハント「UFCとの契約が終わるまでは闘い続けたい」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索