2017年06月10日

マーク・ハント「UFC 209でアリスター・オーフレイムに点滴が認められたのはオカシイ。彼は嘘つきだ」

ウソつきの国
ウソつきの国

アリスター・オーフレイム「フランシス・ガヌーかJDSと対戦したい」(2017年03月11日)

 こちらの続報。『UFC 209: Woodley vs. Thompson 2』でマーク・ハントに3R KO勝ちしたアリスター・オーフレイムが食中毒で試合直前まで24時間入院していたとデイナ・ホワイトがコメント。点滴による水分戻しはUSADAの規定で原則禁止されていますが、承認を得て点滴をし、体調が回復したので試合ができたとのことでしたが、

Mark Hunt: ‘Crock of sh*t’ that ‘cheater’ Alistair Overeem was allowed IV before UFC 209(MMAFighting)

 この件についてマーク・ハントが以下のコメント

「俺は頭部に膝蹴りを喰らった。試合ではミスをして負けることはある。だがどうして彼に点滴が認められたのかは理解できない。ルールを設定したからには全員が守るべきだし、勝手に変えて得することは許されない」

「俺はそのことを聞いてなかった。彼らは何も言わなかった。俺は全てがウソっぱちだと思ってる。クソみたいな話だ。ルールは厳守されるべきで変えてはいけない」

「彼は強くなっていた。クソッタレだ。試合中も彼の顔色は悪くなかった。水分戻しが上手く行ったように見えた。彼が病気だったとは思えない。彼は嘘をついて『だったら点滴をしよう』となった。酷い話だ。俺も次の試合の時は仮病になった方が良いのかな」

「負けを受け入れるのは辛いが、遅かれ早かれ乗り越えなきゃいけない。彼はインチキをして逃げ切った。それだけのことだ。俺の中では彼はペテン師だ。俺はここから再起しなきゃいけないし、上手く騙しきった彼らは運が良かった」

 なお、USADAの規定では病院の検査で処置が不可欠だと診断されるほど深刻な病状だった場合は例外的に点滴が認められる場合がありますが、『UFC 211: Miocic vs. Dos Santos 2』で行われる予定だったジャレッド・ゴードン vs. ミシェル・キニョネスはゴードンが食中毒の症状が出たことから点滴が必要となり中止になっています。

Mark Hunt lawsuit survives UFC motion to dismiss, moves forward with amended complaint(MMAFighting)

 なお、マーク・ハントがUFCとブロック・レスナーに対して起こした訴訟についてUFCは却下を求める申立てをしていましたが、ネバダ州の連邦地裁はこれを認めなかったそうです。

posted by ジーニアス at 23:32
"マーク・ハント「UFC 209でアリスター・オーフレイムに点滴が認められたのはオカシイ。彼は嘘つきだ」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索