2017年04月26日

『UFC Fight Night 85』2年間の出場停止停止処分を受けたフランク・ミアが声明を発表

『UFC Fight Night 85』で禁止薬物の陽性反応が出たフランク・ミアの処分がようやく確定(2017年04月23日)

 こちらの続報。2016年3月20日にオーストラリア・ブリスベンで開催した『UFC Fight Night 85: Hunt vs. Mir』でマーク・ハントに1R KO負けしたフランク・ミアがUSADAが試合当日に採取したサンプルからアナボリックステロイドの一種であるデヒドロ・クロロ・メチルテストステロン(DHCMT)代謝物質の陽性反応が出て2年間の出場停止処分を受けましたが、

Frank Mir issues statement on two-year USADA suspension(MMAFighting)

 フランク・ミアがフェイスブックで声明を発表。それによると、2月5日に採取されたサンプルはクリーンで3月20日のサンプルからは陽性反応が出たことから、その6週間の間に何を摂取したかを考えたものの、USADAによると新たな検査方法では2月5日のサンプルからも陽性反応が出たとのこと。ミアは一度はクリアしたサンプルにまで陽性反応が出たと言われるのはオカシイと主張しています。

 さらに、USADAはミアが長期間に渡って使用している痕跡があると発表していますが、テストステロン補充療法が認められていた時期にまで遡るのもオカシイとも主張しています。

 USADAは検査方法が大幅に進歩したことから精度が上がり結果が変わったと発表しています。

Round 5 UFC Series 12.5 Limited Edition Action Figure - Frank Mir by Round 5 by Round 5 [並行輸入品]
posted by ジーニアス at 01:16
"『UFC Fight Night 85』2年間の出場停止停止処分を受けたフランク・ミアが声明を発表"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索