2017年03月29日

『UFC Fight Night 111』でアルロフスキー vs. ティブラ、五味 vs. タック、佐々木 vs. スコッギンス等が決定



UFC Fight Night 111 takes shape in Singapore, including Andrei Arlovski vs. Marcin Tybura(MMAJunkie)

 UFCが6月17日にシンガポールで開催する『UFC Fight Night 111』でアンドレイ・アルロフスキー vs. マルチン・ティブラのヘビー級マッチ、五味隆典 vs. ジョン・タックのライト級マッチ、佐々木憂流迦 vs. ジャスティン・スコッギンスのフライ級マッチ、シリル・アスカー vs. ウォルト・ハリスのヘビー級マッチ、クァク・グァンホ vs. ラッセル・ドーンのバンタム級マッチを行うことを発表。

 アルロフスキーは『UFC on FOX 23: Shevchenko vs. Pena』でフランシス・ガヌーに1R TKO負けして以来、ティブラは『UFC 209: Woodley vs. Thompson 2』でルイス・エンリケに3R TKO勝ちして以来の試合。

 五味は『UFC 200: Tate vs. Nunes』でジム・ミラーに1R TKO負けして以来の試合で現在3連敗中。タックは『UFC Fight Night 101: Whittaker vs. Brunson』でダミアン・ブラウンに判定負けして以来の試合。

 佐々木は『UFC 208: Holm vs. de Randamie』でウィルソン・ヘイスに判定負けして以来、スコッギンスは『UFC Fight Night 100: Bader vs. Nogueira』でペドロ・ムニョスに2Rギロチンチョークで敗れて以来の試合。

 アスカーは『UFC Fight Night 103: Rodriguez vs. Penn』でドミトリー・スモリアコフに1R TKO勝ちして以来、ハリスは『UFC Fight Night 103: Rodriguez vs. Penn』でチェイス・シャーマンに2R KO勝ちして以来の試合。

 クァクは『UFC Fight Night 99: Mousasi vs. Hall 2』でブレット・ジョンズに判定負けして以来、ドーンは『UFC 204: Bisping vs. Henderson 2』でミルサド・ベクティクに1Rリアネイキッドチョークで敗れて以来の試合。

【HAOコレクション×PRIDE★五味隆典】
posted by ジーニアス at 02:39
"『UFC Fight Night 111』でアルロフスキー vs. ティブラ、五味 vs. タック、佐々木 vs. スコッギンス等が決定"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索