2016年12月29日

ヴェウドゥムのマネージャー「我々はJDS戦を受けたが交渉がまとまらなかった」

無念! ケイン・ヴェラスケスが健康診断をパスできずにUFC 207を欠場(2016年12月25日)

UFC 207 ケイン・ヴェラスケス欠場を聞いたファイター・関係者の反応(2016年12月25日)

 こちらの続報。ジュニオール・ドス・サントスはケイン・ヴェラスケスの代打でファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦するオファーがあったことを認め、断ってはいないとコメントしていました。




 ファブリシオ・ヴェウドゥムはインスタグラムにこんな画像をアップし、「僕の言いたいことはひとつ。これをやるべきだ!」とコメント。スティペ・ミオシッチ戦をアピールしています。

Rep: Werdum accepted Dos Santos at UFC 207 'under his terms,' looks toward April title shot(MMAJunkie)

 ファブリシオ・ヴェウドゥムのマネージャー、アリ・アブドルアジズがコメント。アブドルアジズはケイン・ヴェラスケスはMMAアスリート協会に所属していることから欠場に追い込まれたのではないかと陰謀論を展開しており、試合前にケガのことを喋らせたマネージメントに問題があった主張しています。

 また、代わりにジュニオール・ドス・サントスと対戦することに同意はしたものの、ショートノーティスで対戦相手が変わることによる“リスク料”と次期タイトル挑戦権を要求したことからデイナ・ホワイトから「バカ言うな」と言われ断られたとのこと。ヴェウドゥムがリーボックのユニフォーム制度を批判したこともあり良い関係ではないことから断られたのではと推測しています。

これからのマネジャーの教科書
これからのマネジャーの教科書
posted by ジーニアス at 02:24
"ヴェウドゥムのマネージャー「我々はJDS戦を受けたが交渉がまとまらなかった」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索