2016年11月26日

UFCがコナー・マクレガーのフェザー級王座を剥奪か/ランブルがムサシ戦を拒否か

無念! ダニエル・コーミエがUFC 206を負傷欠場(2016年11月26日)

 こちらの続報。UFCが12月10日にトロントで開催するUFC 206のメインイベントでアンソニー・ジョンソンを相手にライトヘビー級王座防衛戦を行う予定だったダニエル・コーミエが負傷欠場しましたが、

Report: UFC 206’s Holloway vs. Pettis close to being promoted to interim title fight(BloodyElbow)

 MMAFightingのアリエル・ヘルワニ記者によるとUFC 206のセミファイナルで行う予定のマックス・ホロウェイ vs. アンソニー・ペティスをフェザー級暫定王座決定戦にするプランがあるとのこと。UFCはコナー・マクレガーの正規王座を剥奪し、ジョゼ・アルドを正規王座にすることを検討しているそうです。

 また、アンソニー・ジョンソンにはゲガール・ムサシ戦を打診したものの、ジョンソンは興味を示さずコーミエの復帰を待つ意向とのこと。

CONOR MCGREGOR - UFC - Imported Wall Poster Print - 30CM X 43CM Brand New The Notorious by Import Posters
posted by ジーニアス at 21:39
"UFCがコナー・マクレガーのフェザー級王座を剥奪か/ランブルがムサシ戦を拒否か"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索