2016年11月14日

エディ・アルバレス「作戦と全然違う試合をしてしまった」「コナー・マクレガーのパンチは速かった」

トロピック・サンダー/史上最低の作戦 [Blu-ray]
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 [Blu-ray]

Eddie Alvarez after UFC 205 title loss to Conor McGregor: I 'fought a stupid fight'(MMAJunkie)

 『UFC 205: Alvarez vs. McGregor』でコナー・マクレガーに2R KO負けしライト級王座から陥落したエディ・アルバレスが以下のコメント

「酷い試合をしてしまった。彼の真正面でボクシングをするつもりは無かった。良い試合ができなかった。キックの打ち合いになり、それがハマってしまったのでレスリングをしなかった。作戦ではレスリングをするつもりだった。ボクシングが得意な相手になんでこんなことをしたのか自分でもよく分からないが、その代償を払うことになった。彼はそこに上手く付け込んだ」

「彼のパンチはこれまで喰らったものより速かった。最初のダウンで尻もちをついたのを覚えているし、『ワオ、なんて速さだ。とにかく速かった』と思った。俺はキャリアが豊富だしそれでパニクることはない。落ち着いていたが、スピードとタイミングはバッチリだったよ」

「意図していたのと違う展開になってしまったのを認めるのは今回が初めてだ。俺はバカだった、愚かだった。作戦に拘らなかったことの代償を払うことになった…申し訳ない。プランを守らなかったせいでこうなった」

「コナー・マクレガーは凄いよ。彼には脱帽だ。驚異的な仕事をしたし、今度もMMAのためにそれをし続けるだろう」

posted by ジーニアス at 16:20
"エディ・アルバレス「作戦と全然違う試合をしてしまった」「コナー・マクレガーのパンチは速かった」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索