2016年10月28日

UFC 206でジョーダン・メインとエミル・ウェーバー・ミークが対戦

“トキーニョに勝った男”エミル・ウェーバー・ミークがUSADA違反の可能性で『UFC Fight Night 93』を欠場(2016年07月21日)

 こちらの続報。

Jordan Mein vs. Emil Meek targeted for UFC 206(MMAFighting)

Emil Weber Meek(Sherdog)

 UFCが12月10日にカナダ・トロントで開催する『UFC 206: Cormier vs. Johnson 2』でジョーダン・メイン vs. エミル・ウェーバー・ミークのウェルター級マッチを行うことをMMAFightingが確認したとのこと。

 メインは『UFC 183: Silva vs. Diaz』でチアゴ・アウベスに2R TKO負けして以来1年11ヶ月ぶりの試合。昨年引退を表明していましたが、最近復帰に備えてUSADAの薬物検査を受けていました。

 ミークは現在28歳のノルウェー人で戦績8勝2敗1引き分け1無効試合で今回がUFCデビュー戦。今年5月にイタリアで開催された『Venator FC 3』でホウジマール・トキーニョを僅か45秒でKOしたことから一躍脚光を浴びてUFCと契約。『UFC Fight Night 93: Arlovski vs. Barnett』でジェシン・アヤリと対戦予定でしたがUSADAのアンチドーピング・ポリシーに違反する治療を受けた可能性があったことから欠場、治療方法を見直してUFCデビューを延期すると発表していました。

冗談じゃない! DVD-BOX
冗談じゃない! DVD-BOX
posted by ジーニアス at 00:03
"UFC 206でジョーダン・メインとエミル・ウェーバー・ミークが対戦"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索