2016年10月24日

ブロック・レスナー陣営が目薬かフットクリームに禁止薬物が混入していたと主張

UFC 200 ブロック・レスナーの使用した禁止薬物はジョン・ジョーンズと同様クロミフェンであることが判明(2016年07月20日)

 こちらの続報。

Brock Lesnar reps tested eye medication, foot cream as possible source of UFC 200 positive(MMAJunkie)

 『UFC 200: Tate vs. Nunes』でマーク・ハントと対戦したブロック・レスナーから禁止薬物であるクロミフェンの陽性反応が出た件でレスナーの弁護士であるハワード・ジェイコブスがレスナーが使用していた目薬かフットクリームにクロミフェンが混入していた可能性があると主張。検査を要請したとのこと。

Brock Lesnar's pre-UFC 200 medical questionnaire didn't disclose eye medication, foot cream(MMAJunkie)

 しかし、試合前にネバダ州アスレチックコミッションが行ったアンケートで「前の月に薬品、クリーム、吸入剤、点滴、注射をしたか」という項目で「いいえ」と回答していたそうです。なお、レスナーの処分を決めるためのヒアリングは来月に行われる予定とのこと。

WWE BROCK LESNAR FEAR THE FURY T-SHIRT. SIZE MEDIUM by WWE
WWE BROCK LESNAR FEAR THE FURY T-SHIRT. SIZE MEDIUM by WWE
posted by ジーニアス at 21:48
"ブロック・レスナー陣営が目薬かフットクリームに禁止薬物が混入していたと主張"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索