2016年10月13日

エメリヤーエンコ・ヒョードルの次女が殴打され病院に搬送される

ヒョードル氏、次女襲われる=チェチェン独裁者を批判―ロシア(時事通信)
 日本でも活躍したロシアの元総合格闘家エメリヤーエンコ・ヒョードル氏(40)の次女ワシリサさん(9)が、モスクワの路上で何者かに胸部を殴打され、病院に搬送された。

 ロシアのメディアが12日に伝えた。

 ヒョードル氏は、南部チェチェン共和国の独裁者カディロフ首長(40)を批判しており、国内では、カディロフ派が襲ったとの見方が広がっている。

 カディロフ氏は総合格闘技団体を主宰。リング上で最近、自身の次男アダム君(8)ら子供同士を防具なしで戦わせた。

 これに対し、子供の人権オンブズマンが調査に乗り出したほか、格闘技のプロとして危険性を知るヒョードル氏も「一撃が生死に関わることもある」と警告。カディロフ氏らは非礼だとして、逆にヒョードル氏に謝罪を要求していた。

 何てこった…子供を襲うとは非道ですな。

Pound for Pound: The Modern Gladiators of Mixed Martial Arts (English Edition)
posted by ジーニアス at 07:15
"エメリヤーエンコ・ヒョードルの次女が殴打され病院に搬送される"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索