2016年09月18日

ニック・ディアス、出場停止期間は明けてるものの罰金は未払いだった

Nick Diaz hasn’t paid fine, still under suspension by NAC(BloodyElbow)

 FOX Sportsのライター、デイモン・マーティンがネバダ州アスレチックコミッションに尋ねたところによると、ニック・ディアスは『UFC 183: Silva vs. Diaz』のアンデウソン・シウバ戦の後にマリファナ代謝物質の陽性反応が出た時の罰金10万ドルのうち7万5000ドルが未払いとのこと。これにより出場停止期間は8月1日に終了しているにも関わらず未だに処分中の身になっていることからUFC 196はもちろん、UFC 202でもネイト・ディアスのセコンドに就くことは認められなかったそうです。

わかりやすい刑罰のはなし―死刑・懲役・罰金
わかりやすい刑罰のはなし―死刑・懲役・罰金
posted by ジーニアス at 02:01
"ニック・ディアス、出場停止期間は明けてるものの罰金は未払いだった"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索