2016年08月26日

『TUF 23 Finale』リー・ジンリャンに禁止薬物の陽性反応

Li Jingliang informed of potential USADA anti-doping violation, temporarily suspended by NSAC(MMAJunkie)

 UFCが7月8日にネバダ州ラスベガスで開催された『TUF 23 Finale』でアントン・ザフィアに1R KO勝ちしたリー・ジンリャンが5月18日に行われたランダムの薬物検査によるサンプルからクレンブテロールの陽性反応が出たことをUSADAから報告を受けたと発表。処分が確定するまでネバダ州アスレチックコミッションにより一時出場停止となります。

クレンブテロール - Wikipedia
クレンブテロールは、筋肉増強剤としての効果が見込まれているため、各スポーツ競技においてドーピングに用いられないよう検査対象薬物にされていることが多い。ただし、本人の意思に反して、食事からクレンブテロールを摂取してしまい、表面化する例も存在する。世界アンチ・ドーピング機関では、2011年、中国とメキシコを訪問する場合は細心の注意を払うよう警告している。

危ない食品たべてませんか: 有害物質、添加物はわが家で落とせた!
危ない食品たべてませんか: 有害物質、添加物はわが家で落とせた! (知的生きかた文庫 ま 37-3)
posted by ジーニアス at 09:33
"『TUF 23 Finale』リー・ジンリャンに禁止薬物の陽性反応"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索