2016年08月19日

コナー・マクレガー「ネイト・ディアスはグラウンドの実力を過信している」

「自信」が「過信」に変わった日、それを取り戻すための2年間
「自信」が「過信」に変わった日、それを取り戻すための2年間

Conor McGregor says he'll be 'confident on the mat' against Nate Diaz at UFC 202(MMAJunkie)

 『UFC 202: Diaz vs. McGregor 2』でネイト・ディアスと対戦するコナー・マクレガーが以下のコメント

「前回の違いは柔術にあったとは思ってない。打たれ強さ、持久力、経験にあったと思う。互いにフレッシュな状態だった時はテイクダウンされてもスイープした。俺はネイトとグラウンドになっても自信がある。キャンプでは俺より体重があってもっと柔術経験豊富な選手たちを招いて毎日練習した。試合の終盤になればなるほど、その経験が活きるだろう」

「前回の試合についてみんなは言いたいことを言えばいい。彼が手足を伸ばすまでは体格差は感じなかった。俺がマウントから逃げようとした時に彼は正しいタイミングでバックマウントにして仕留めたが、次はそうはいかないよ」

posted by ジーニアス at 21:08
"コナー・マクレガー「ネイト・ディアスはグラウンドの実力を過信している」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索