2016年08月09日

カブ・スワンソン「第1ラウンドは川尻に取られたと思った」

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)
株は技術だ!  倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)

UFC Fight Night 92's Cub Swanson thought 'for sure' he'd lost first round of clash against Kawajiri(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 92: Rodriguez vs. Caceres』で川尻達也に判定勝ちしたカブ・スワンソンが以下のコメント

「勝利は俺をハッピーにしてくれるな。杜撰な試合になってしまったが、それが彼の狙い通りだったので、しょうがなかった。もちろん第1ラウンドは取られたと思ってた。俺の方がハードなパンチをヒットさせてたとは思ったが、彼の方が多少アクティブだったとも思った。見直してみないと分からないが、俺は常に自分を厳し目に見ている。それにテイクダウンもされたし、しばらく上を取られていた。だから第1ラウンドは彼だろう。だが第2ラウンドは俺がトップを取ってハードなパンチをヒットさせたので間違いなく取ったと思った。第3ラウンドは漠然とはしているが、取れたとは思った」

「(第2ラウンドに反則の膝蹴りを入れてしまったことを尋ねられ)彼がどうしてダウンしたのかは覚えてないが、ボディにヒザを入れてやろうとしたら彼がこっちを向いてきた。それでも頭部はかすめる程度だと思ったし、リプレイを見て『肩に当たっただけだろう』と思った。故意に頭部を狙ったわけじゃないので減点されることはないだろうと思っていた」

「最後は彼が上のままで終わらせたくなったので『上等だ、この野郎』と思い動き続けた。少しのチャンスも残したくなかった。キャンプではずっとテイクダウンディフェンスの練習をしてきたし、対戦相手が変わるたびにアジャストしてきた。終盤になるほどそれが上手く行ってるとは思ったが、お互いに疲れてしまったな。標高の高さを感じたよ」

 ソルトレイクシティは標高1288メートルです。

posted by ジーニアス at 00:38
"カブ・スワンソン「第1ラウンドは川尻に取られたと思った」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索