2016年07月24日

シュウ・ヒラタ氏がUFCのアンチドーピング・ポリシーについてコメント

チャド・メンデス、禁止薬物の陽性反応が出た原因はスキンクリームか(2016年07月23日)

 こちらの続報。

UFCのアンチドーピングポリシーについて(シュウの寝言)

 シュウ・ヒラタ氏がブログで以下のコメント。

UFCがUSADAと提携して、独自のアンチドーピングポリシーをスタートさせて以来、それなりの数の選手がテストでひっかかり、ああだこうだと色々と説明、釈明してますけど......

わたし、一点だけ思う事があるんです。

身体にいれるもの、つけるもの、これはサプリメントに限らず、目薬からクリームまで、全部確認してから使用するようにと、あれだけ何回も何回も説明会に呼ばれて言われたのに、何でそんなかんたんな事ができないのか、スゴく疑問なんです。

選手側には、禁止されているリストも提供されてますし、ダメなサプリメントのリストがみれるサイトのリンクも提供されてますし、あれ?と思ったら、これは大丈夫?とメールや電話でUSADAの担当者に問い合わせてすることもできますし.......

例えば喘息もちだから、ステロイドの入っている薬を使わないといけない場合は、担当医の診断書を添付して事前申請すれば、何ひとつ問題ないんです。

だから手術とか治療を受けてからとか、薬やサプリメントを飲んでしまった後にとか、目薬やクリームを使用した後に、報告するとか確認するなんていうのは、もうプロ意識が完全に欠落している人のやる事だとわたしは思うんです。

かんたんに確認できるシステムもあるのに、なんで確認しないの?

その一言で全部済んでしまう事案がとても多いと思うです。(以下略)

 全文はリンク先で。なるほど、そうなるとチャド・メンデスも情状酌量の余地はありませんか。

うっかりドーピング防止マニュアル
うっかりドーピング防止マニュアル
posted by ジーニアス at 03:44
"シュウ・ヒラタ氏がUFCのアンチドーピング・ポリシーについてコメント"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索