2016年07月21日

“トキーニョに勝った男”エミル・ウェーバー・ミークがUSADA違反の可能性で『UFC Fight Night 93』を欠場

“トキーニョに勝った男”エミル・ウェーバー・ミークがUFCハンブルク大会に参戦(2016年06月08日)

 こちらの続報。

Emil Meek out of UFC debut after possible USADA anti-doping policy conflict(MMAFighting)

 9月3日にドイツ・ハンブルクで開催する『UFC Fight Night 93: Arlovski vs. Barnett』でジェシン・アヤリと対戦予定だったエミル・ウェーバー・ミークが最近USADAのアンチドーピング・ポリシーに違反する治療を受けた可能性があったことから欠場するとのこと。医師から意見を聞いて治療方法を見直すそうです。ミークはFacebookで「リスクを冒したくなかったから欠場を決めただけで禁止薬物の陽性反応が出たわけではない」とコメントしており、UFCデビュー戦は12月頃に延期するとのこと。ジェシン・アヤリがこの大会で他の相手と対戦するか別の大会に出場するかは未定。

VENUM[ヴェヌム] Tシャツ Noise Dry Tech ノイズ・ドライテック (黒)
VENUM[ヴェヌム] Tシャツ Noise Dry Tech ノイズ・ドライテック (黒)
posted by ジーニアス at 05:40
"“トキーニョに勝った男”エミル・ウェーバー・ミークがUSADA違反の可能性で『UFC Fight Night 93』を欠場"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索