2016年07月11日

UFCの身売りが決定、買収額は40億ドル/デイナ・ホワイトは代表残留

UFCが42億ドルで身売り、デイナ・ホワイトらは残留か→UFCは再度身売り報道を否定(2016年06月21日)

デイナ・ホワイト「身売り報道のことは心配するな」(2016年06月23日)

 こちらの続報。



 ニューヨーク・タイムズがUFCの身売りが決定したと報じています。金額は40億ドル。買収した会社は以前から噂になっていた企業のひとつであるWME-IMGです。ロレンゾ・フェティータはCEOを辞任しますが、兄のフランク・フェティータと共に僅かながら株は保有し続けるとのこと。



 TMZによるとデイナ・ホワイトは引き続き代表を務めるとのこと。また、買収には合意しているものの最終的に契約にサインされるのは6週~2ヶ月後になると見られているそうです。

ソフトバンクが出資した米老舗芸能事務所「WME-IMG」ってどんな会社?(ハーバー・ビジネス・オンライン/2016年04月02日)

 以前紹介した記事ですが再掲載。アメリカの大手芸能事務所でロンダ・ラウジーもタレント契約を結んでいます。

図解 はじめての企業買収
図解 はじめての企業買収
posted by ジーニアス at 14:04
"UFCの身売りが決定、買収額は40億ドル/デイナ・ホワイトは代表残留"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索