2016年07月04日

ジョゼ・アルド「コナー・マクレガー戦のことは忘れている」「ベルト奪回のことだけを考えている」

UFC 194: Aldo vs McGregor by Jose Aldo

Jose Aldo ‘buried’ Conor McGregor loss in the past, but sees Frankie Edgar as last step before rematch(MMAFighting)

 『UFC 200: Cormier vs. Jones 2』でフランク・エドガーとフェザー級暫定王座決定戦を行うジョゼ・アルドが以下のコメント

「コナー・マクレガー戦のことは考えていない。もう過去のことだ。今はフランク・エドガーに勝つことしか考えていない。過去を振り返って悩むようなことはしない。もう忘れた。常に前進あるのみだ」

「それとこれ(マクレガー戦とエドガー戦)とは全然違う。俺は次のことを考えている。研究してベストな闘い方を用意するつもりだ。打撃とグラップリングをもっとミックスしようとしていた。それでチャンピオンとしてトップに立てたのでそうすることにした。よりアグレッシブになり、より勝ちたい気持ちを見せたい」

「俺たちは次期タイトル挑戦権を得るために闘う。元々(マクレガーと)即再戦したかったので次にベルトを奪回するためのステップになる。俺はそのことしか考えていない。ベルト奪回が最大のモチベーションだ。対戦相手のことはフランキーであろうと誰であろうと重要じゃない」

「俺たちは互いに経験豊富だしスキルもあるオールラウンダーだが俺の方が良い練習ができている。チャンスがあれば早めにフィニッシュするが、5ラウンド闘う準備もできている」

「フランキーは前回対戦した時からあまり変わってないと思う。俺に言わせりゃ彼は同じことをしているだけだ。違いがあるとすればこの階級に慣れてきたことぐらいだ。やることや動きは同じだよ」

posted by ジーニアス at 02:56
"ジョゼ・アルド「コナー・マクレガー戦のことは忘れている」「ベルト奪回のことだけを考えている」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索