2016年06月24日

『UFC Fight Night 88』カルロス・ディエゴ・フェレイラに1年間の出場停止処分

『UFC Fight Night 88』カルロス・ディエゴ・フェレイラが禁止薬物使用の疑いで欠場(2016年05月14日)

 こちらの続報。

NSAC suspends lightweight Diego Ferreira 12 months for failed USADA test before UFC Fight Night 88(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 88: Almeida vs. Garbrandt』でエイブル・トゥルジーロと対戦予定だったカルロス・ディエゴ・フェレイラがUSADAのランダムの薬物検査でオスタリンの陽性反応が出たことを受けてネバダ州アスレチックコミッションが1年間の出場停止処分を科したとのこと。

かつてDeNAでプレー…ブランドンが禁止薬物使用で80試合の出場停止(ベースボールキング・2016.02.18)

 MLBではオスタリンの陽性反応が出たブランドン・マンが80試合の出場停止になっています。

シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 (小学館文庫)
シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕 (小学館文庫)
posted by ジーニアス at 16:10
"『UFC Fight Night 88』カルロス・ディエゴ・フェレイラに1年間の出場停止処分"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索