2016年06月21日

UFCが42億ドルで身売り、デイナ・ホワイトらは残留か→UFCは再度身売り報道を否定

UFCが39~42億ドルで身売り間近か(2016年06月17日)

 こちらの続報。

Sources: Zuffa Accepts $4.2 Billion Bid for Sale of UFC(FloCombat.com)

 ズッファがUFCを42億ドルで身売りすることをFloCombatが確認したとのこと。前回はWME-IMGと大連万達グループが共同出資するグループとチャイナ・メディア・キャピタルの2つに絞られているとのことでしたが、買収するのはWME-IMG、大連万達グループ、クラフト・グループ、テンセント・ホールディングスが共同出資するグループとのこと。

ロバート・クラフト (アメリカンフットボール) - Wikipedia

 クラフト・グループは実業家ロバート・クラフト氏の所有会社でNFLのニューイングランド・ペイトリオッツ、メジャーリーグサッカーのニューイングランド・レボリューション、ジレット・スタジアム等のオーナーです。

テンセント - Wikipedia

 テンセント・ホールディングスは中国の持株会社でオンラインゲーム「League of Legends」を運営する米ライアットゲームズ社、Unreal Engineで知られる米Epic Games社の親会社。また、「カカオトーク」の韓国カカオ社、韓国第3位のゲーム企業であるCJゲームスの大株主です。

 4グループの共同出資ではあるものの、資金の大半は中国資本である大連万達グループとテンセント・ホールディングスが支払うとのこと。しかし表向きの運営はアメリカ資本のWME-IMGとクラフト・グループが中心になるそうです。

 これまでもUFC買収の話があり、2014年はブラックストーン・グループ、2015年はFOXが検討したものの交渉は決裂していたとのこと。

 新たなCEOはUFCの前ヨーロッパ・中東・アフリカ担当部長で現在チーフ・グローバルブランド・オフィサーをしているギャリー・クックが就任するとのこと。デイナ・ホワイトは現在所有している株は売却するものの新株が発行されUFCに残留、マッチメーカーのジョー・シルバやショーン・シェルビーも残るそうです。

UFC exec says reports of UFC sale are 'false,' internal email to staff offers same message(MMAJunkie)

 しかし、UFC広報部長のデイブ・ショーラーはこの報道を否定。ロレンゾ・フェティータは社員全員にこの報道を否定するメールを送っていたそうです。

中国メディア戦争―ネット・中産階級・巨大企業 (NHK出版新書 488)
中国メディア戦争―ネット・中産階級・巨大企業 (NHK出版新書 488)
posted by ジーニアス at 16:31
"UFCが42億ドルで身売り、デイナ・ホワイトらは残留か→UFCは再度身売り報道を否定"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索