2016年06月14日

パンクラスを永久追放されたドミニク・ロビンソンが怒りの反論

『PANCRASE 278』試合結果/外国人2選手が永久追放に(2016年06月13日)
 ロビンソンはライト級ワンマッチでクリスMAN(パラエストラ八王子)と対戦する予定であったが、1度目の計量は契約体重(70.75kg)を0.8kgオーバー。さらに規定時間である4時間後の最終計量時には「体重が落ちないので計量場所に行っても意味が無い」と逆切れ。最終的には規定時間を2時間過ぎてから再度計量に臨み、結果はなんと最初の計量から5.6kg増の77.15kgと契約体重を6.4kgオーバーした。

 この時点では特別ルール(クリスMANが勝利した場合のみ公式記録とし、それ以外はノーコンテストとする)を適応したうえで試合を行うことも出来たが、対戦相手のクリスMANが「2回目の計量まで落とす努力をしない選手とは試合をしない」という理由から試合実施に同意せず、この試合は中止に。

 こちらの続報。

Fallen Angel Dominique Robinson(Facebook)

 パンクラスを永久追放されたドミニク・ロビンソンがフェイスブックで反論。長文なので要約すると、

・ワシントンホテルの部屋を用意してもらう予定だったのに“特別なアパート”を用意された。そこはキッチンも壊れているしバスタブも小さくお湯の温度も上がらないから減量もままならなかった。夜明けには電気代を請求する人に起こされた。外人係のシンジからは無視するように言われた。

・しかたがないのでサウナで減量しようと思ったが日本のサウナはタトゥーがあると入れないとのことだった。

・計量は午前10時半~11時と聞いていたのに9時半に計量するよう言われた。俺もジェームス・チェイニーもオーバーしていたが大丈夫だと言われたので水分を戻したのに、ミスター・サカモトから再計量を促された。

・パンクラスは手荷物料金やタクシー代なども支払わなかったしフードマネーも出なかった。

 また、ロビンソンは『PANCRASE 270』で石川英司に判定負けしていますが、外人係のシンジから「あれは貴方の勝ちだった」と謝られたとも言っています。

JAPAN 外国人が感動した!すごいニッポン
JAPAN 外国人が感動した!すごいニッポン
posted by ジーニアス at 12:30
"パンクラスを永久追放されたドミニク・ロビンソンが怒りの反論"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索