2016年06月12日

野村貴仁氏がREALで対戦相手を公募、客席からは「清原!」の声も

野村貴仁氏 清原元選手に挑戦状!格闘技で「倒せる」(スポニチ)
 清原元選手との対戦については、まずは自身が格闘家としてのキャリアを積んだ上でのこととした上で、1学年上の先輩に対し「左ストレート一発、左足ひと蹴りで倒せる」と豪語。ただ、重度の糖尿病や薬物依存の治療を受けているとみられる清原元選手の現状も理解しており、「まずはキッパリ(覚醒剤を)やめて、体調を戻してから。そして、誰かについて練習せんと。練習してきたとしても負けるわけないけど」と語った。

 スポニチの電話取材でコメント。目標は12月だそうです。

野村貴仁氏が対戦相手を公募、客席からは「清原!」(日刊スポーツ)
 元プロ野球選手の野村貴仁氏(47)が12日、東京ドームシティーホールで開催された総合格闘技大会「REAL5」のリングに立った。

 5試合目と6試合目の間に呼び込まれると、格闘家たちが戦う金網ケージの中に入り、周囲に5回、礼をした。一部ではこの日、格闘家デビューするのでは? と報じられていたが、野村氏は「プロの格闘家を尊敬している」と言い、試合はしなかった。

 ただ「プロ野球の選手になれないと思ったから、格闘技をメーンでいこうと考え、練習をやっていた」と語り「俺は(空手の)新極真会やから」と格闘技経験を強調。その後、実演するようあおった司会を軽く攻撃し、和田良覚レフェリーが持つミットに蹴りも入れて見せた。

 また「10年前、悪いことをした時に、あるところに行ったら、ものの見事に断られた」と吐露。06年に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた後、格闘家デビューに動いたことを明かした。

 主催者側によると、野村氏が格闘家デビューするとの一部報道を受け、かなりの数の対戦オファーがあったが、その多くが冷やかしだったという。一方で野村氏も「プロをなめたらいかん」と、プロの格闘家との対戦は考えていないことから、一般から対戦相手を公募すると電撃発表した。

 野村氏は「プロを気取ってるヤツなら、パンと勝てるよ。でも、新極真会のメンバーだから変なことしたら破門される」と苦笑した。客席からは「清原!!」と、覚せい剤取締法違反罪で懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡された清原和博元選手(48)との対戦を期待する声も飛んだ。

 プロとは対戦しないけど“プロを気取ってるヤツ”ならパンと勝てる腕前のようです。



 会場はこんな雰囲気だったそうです。

【REAL】ソウザ、一本勝ちで初代王者に輝く(イーファイト)

 大会の試合結果。メインイベントのスーパーライト級王座決定トーナメント決勝戦はホベルト・サトシ・ソウザがZUZUに1Rアームバーで勝利し優勝、新チャンピオンになっています。

完本 清原和博 (文春文庫)
完本 清原和博 (文春文庫)
posted by ジーニアス at 23:43
"野村貴仁氏がREALで対戦相手を公募、客席からは「清原!」の声も"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索