2016年06月11日

USADAがチャド・メンデスの禁止薬物使用の可能性を報告



 UFCが公式サイトでUSADAからチャド・メンデスがランダムの薬物検査で禁止薬物の陽性反応が出たことが報告されたと発表。薬物の詳細は不明。詳細、処分については後日判明すると思われます。メンデスは昨年12月の『TUF 22 Finale』でフランク・エドガーに1R KO負けして以来試合をしていませんでした。
posted by ジーニアス at 10:22
"USADAがチャド・メンデスの禁止薬物使用の可能性を報告"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索