2016年06月07日

ダン・ヘンダーソン「これが最後の試合になる可能性もある」

Round 5 World of MMA Champions UFC Series 4 Action Figure Dan

Dan Henderson Contemplating Retirement After UFC 199: ‘This Could Actually Be the Last One’(Sherdog)

 『UFC 199: Rockhold vs. Bisping 2』でヘクター・ロンバートに2R KO勝ちしたダン・ヘンダーソンがFox Sports 1のインタビューで以下のコメント

「これまで試合でハイキックをヒットさせたことはなかった。何度か仕掛けたことはあるが、俺はそんなに体が柔らかい方じゃない。だが彼は背が低かった。実際に打ってみると何発か当たったので右のパンチをフェイントに使って滑りこませるようにハイキックを入れた。かなり効いたと思う。そしたら彼の側頭部が見えたのでリバースの肘打ちを入れた。これも試合では使ったことがなかったな」

「第1ラウンドは様子見だったが、何が起きているかは分かってたと思う。ぐらついて真っすぐ立つのも厳しかったが、まだまだ行けると思ってた。ハーブ・ディーンは俺の試合を何度か裁いてくれているが、俺がダメージを受けても試合を続けてくれる。彼はすぐに止めないので感謝してるよ」

「今後についてはUFCとの交渉次第だな。俺としてはこのスポーツに関わっていたい。アクティブでいたいし、ギャラも欲しい。この後俺のオプションがどうなってるか次第だ。その気があればまだまだやれる。トップファイターも倒せると思ってる。だが、こんなことを言うのは初めてだがこれが最後の試合になる可能性もある。オプション次第だが、これで辞めても不満はない」

posted by ジーニアス at 16:40
"ダン・ヘンダーソン「これが最後の試合になる可能性もある」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索