2016年05月21日

ルーカス・マルチンス、『UFC Fight Night 86』でロバート・ホワイトフォードに勝利したにも関わらずリリースされる

UFC parts ways with Lucas Martins despite recent win over Robert Whiteford(MMAFighting)

Lucas Martins(Sherdog)

 4月10日にザグレブで開催された『UFC Fight Night 86: Rothwell vs. Dos Santos』でロバート・ホワイトフォードにスプリットデシジョンで勝利したルーカス・マルチンスがUFCと再契約できなかったとのこと。

 マルチンスは2013年1月の『UFC on FX 7: Belfort vs. Bisping』のエジソン・バルボーザ戦でUFCデビューをしており、この時はTKO負けしましたが4試合契約を3勝1敗で終えています。その後新たに3試合契約を結んでダレン・エルキンス戦、ミルサド・ベクティク戦と連敗しホワイトフォード戦が契約最終試合でした。

 マルチンスは以下のコメント。

「マネージャーのディエゴ・リマはUFCからフェザー級は選手が溢れていると言われた。前回勝ってるにも関わらず僕の契約は終了だ。他団体で連続KO勝ちでもすればまた契約するとのことだった。予想外だったけど納得はしている」

「落ち込まずに仕事を続けるしUFCに復帰したい。ギャラが良いからね。僕はステータスのために闘うわけじゃない。家族を養うために闘う」

「ベラトールからオファーが来てるし経済的にも良い条件だ。リーボックの契約も無くなるからスポンサーを付けることもできるけど、検討しているよ」

理不尽に勝つ
理不尽に勝つ
posted by ジーニアス at 15:38
"ルーカス・マルチンス、『UFC Fight Night 86』でロバート・ホワイトフォードに勝利したにも関わらずリリースされる"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索