2016年05月19日

ホナウド・ジャカレイ「ビクトー・ベウフォート戦の前から右ヒザが悪かったのでUFC 199のオファーを断った」

残念無念な男たちコレクション
残念無念な男たちコレクション

またか…クリス・ワイドマンがUFC 199を負傷欠場。ビスピン、ロメロ、ブランソンが代打をアピール(2016年05月18日)

UFC 199 マイケル・ビスピンがルーク・ロックホールドのミドル級王座に挑戦(2016年05月19日)

 こちらの続報。

‘Jacare’ Souza injured knee before UFC 198, promises to ‘destroy’ winner of Luke Rockhold vs. Michael Bisping(MMAFighting)

 この件についてホナウド・ジャカレイが以下のコメント

「UFCから負傷欠場したクリス・ワイドマンの代わりにUFC 199でルーク・ロックホールドのミドル級王座に挑戦しないかというオファーが来ていた。僕がタイトルに挑戦したいこと、ロックホールドと再戦したいことは誰もが知っていることだ。しかし感情を理由に動くわけにはいかなかった。

 ビクトー・ベウフォート戦の1週間前に右ヒザに痛みがあったが、それでも試合をした。良い試合ができたが、オクタゴンを去る時には足を引きずっていた。月曜日に診察をすると詳しい検査が必要だと言われMRI検査をした。結果を待つ間にクリス・ワイドマンの負傷欠場を知った。ヒザの状態次第ではUFCのオファーに応じることはできた。水曜日の午後に結果が出て、半月板損傷をしているので木曜日に関節鏡下手術をしようということになった。

 よって僕は6月4日にそんな大事な試合はできない。新しく挑戦者になったマイケル・ビスピンには素晴らしい試合をしてくれることを願っている。その試合の勝者となるべく早く対戦したいし、どっちが相手になってもミドル級新チャンピオンになるつもりだ。

 ファンのみんなに感謝したい。毎日数千のメッセージが来ているし、いつも励みになっている。とても嬉しく思ってる。理解してくれたUFCやチームのメンバーにも感謝したい。

 またオクタゴンで会おう!」

posted by ジーニアス at 23:59
"ホナウド・ジャカレイ「ビクトー・ベウフォート戦の前から右ヒザが悪かったのでUFC 199のオファーを断った」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索