2016年05月01日

UFC 200 コナー・マクレガー欠場による損失額は4500万ドルか

UFC 200のメインイベントはダニエル・コーミエ vs. ジョン・ジョーンズ2(2016年04月27日)

 こちらの続報。

McGregor represents estimated $45 million boost to UFC 200(ESPN)

 UFC 200のメインイベントがネイト・ディアス vs. コナー・マクレガー2からダニエル・コーミエ vs. ジョン・ジョーンズ2になりましたが、ESPNの試算ではこれにより興行収入が4500万ドル減ることが予想されるとのこと。

 まずPPV収入は『UFC 196: McGregor vs. Diaz』の契約数がデイナ・ホワイトが150万件と公言しており、『UFC 182: Jones vs. Cormier』が推定80万件だったことを考慮すると、前回マクレガーが敗れていることを考慮しても52万5000件減ると見られるとのこと。PPV料金を約70ドルとすると、約3670万ドル減。

 ゲート収入はMGMグランドガーデン・アリーナで開催された『UFC 196: McGregor vs. Diaz』のゲート収入が810万ドルだったことを考慮すると、それより規模の大きい新会場Tモバイル・アリーナで開催するUFC 200は1000万ドルを超えたと推定されること、『UFC 182: Jones vs. Cormier』のゲート収入が370万ドルで、マクレガー抜きでは料金が値上がりしにくいことや空席が出ることが推定されることから約700万ドル減。

 さらにグッズ売上で約80万ドル減、大会と並行して開催されるファン・エキスポの収入約50万ドル減で合計4500万ドル減になるそうです。あくまでもESPNの試算なので実際にどうなるかは終わってみないと分かりませんが。

今さら聞けない経済教室―こどもに聞かれても困らない60の疑問と答え
今さら聞けない経済教室―こどもに聞かれても困らない60の疑問と答え
posted by ジーニアス at 00:43
"UFC 200 コナー・マクレガー欠場による損失額は4500万ドルか"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索