2016年04月29日

ジョン・ジョーンズがオヴァンス・サンプレーに苦戦した理由についてコメント



Interim UFC champ Jon Jones says mom's leg was 'cut off' week of UFC 197(MMAJunkie)

 『UFC 200: Cormier vs. Jones 2』の記者会見でジョン・ジョーンズが『UFC 197: Jones vs. Saint Preux』でオヴァンス・サンプレーに苦戦した件について以下のコメント

「前回の試合では、背景にいろいろなことがあった。みんなは俺の私生活に何があったのか本当のところは分かっていない。俺の母親は本当にヤバイ状況にいる。現在糖尿病との闘いに本当に敗れている。彼女は試合の週に足を切断した。それで大いに落ち込んでしまった。それに俺は試合の月に刑務所にも入ってた。いろんなことがありすぎた」

「俺は15ヶ月以上試合をしていなかった。みんな俺のパフォーマンスが酷かったと言う。良いのを2発喰らったが判定勝ちした。あれが酷いパフォーマンスだったというのであれば、それだけ俺に期待してくれていたということだろう。そのことは問題ない。俺もオクタゴンの中はそんなにしっくり来なかったし、もっと圧倒できたはずだった。全ての出来事には理由があると思ってる。これでブランクは解消されたし、これで正しい戦略やゲームプランを実行できる。DCをブッ壊すと思ってる」

posted by ジーニアス at 12:57
"ジョン・ジョーンズがオヴァンス・サンプレーに苦戦した理由についてコメント"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索