2016年04月20日

ラシャド・エヴァンス「言い訳はしない。自分に失望している」

がっかり力 (アフタヌーン新書)
がっかり力 (アフタヌーン新書)

Rashad Evans ‘Embarrassed, Disappointed’ but Noncommittal on Future After KO Loss(Sherdog)

 『UFC on FOX 19: Teixeira vs. Evans』でグローヴァー・テイシェイラに1R KO負けしたラシャド・エヴァンスが以下のコメント

「控えめに言っても失望だ。俺はトップに居たのに今じゃ底辺だ。悲しいし恥ずかしいが、ファイターでいられることはウエルカムだ。肉体的には問題ない。序盤に少し慌ててしまったが、調子は良かった。彼は良いパンチで捕えた。言い訳はしない。このスポーツではよくあることだ。俺はミスをした。ディフェンスの時に構えをスイッチすべきじゃなかった。アジャストするためにパンチを打ったら、その代償を払うことになった」

「バツが悪いが続けなきゃいけない。それが全てだ。失望しながら頑張らなきゃいけないのは一番キツイ。5ラウンド闘う準備はできていたが早く終わってしまった。それは受け入れなきゃいけない」

「今後については現時点では何とも言えない。希望を失ったり意気消沈して闘いたくはない。とにかくバツが悪いしガッカリしてるよ」

posted by ジーニアス at 01:03
"ラシャド・エヴァンス「言い訳はしない。自分に失望している」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索