2016年04月14日

GSP「UFCとの関係は良好だけど同意できない部分がある」「復帰戦がUFC 200である必要はない」

UFC George St. Pierre 48-Inch-by-60-Inch Acrylic Tapestry Throw by The Northwest Company by Northwest [並行輸入品]

GSPがUFCと復帰の交渉をしていることを認める(2016年04月13日)

 こちらの続報。

Georges St-Pierre: Reebok deal among 'several' sticking points in UFC negotiation(BloodyElbow)

 ジョルジュ・サンピエールが以下のコメント

「UFCがそういう発表をする前に君たちにスクープを教えるわけにはいかないよ。彼らとの関係は良好だと言える。ただいくつか同意できない部分があるね。その中でもメインになるのがスポンサーの問題だし、その前には薬物検査のクオリティについてモメたこともあった。UFCはモンスター・エナジードリンクなど一部の例外を除けばリーボック以外のロゴが入ったものを着るのは禁止されている」

「いろいろあるけど、詳細については言えない。僕の契約はかなり古いからね。リーボックのユニフォーム制度が始まる前のものなので、その問題がある」

「復帰戦がUFC 200である必要はない。コナー・マクレガー vs. ネイト・ディアスの再戦とか好カードがすでに組まれていることを知ってるからね。今後についてはいずれ分かるだろうけど、言えないこともある。僕のエージェントとUFCのプラン次第だし、何が僕らや彼らにとってベストなのかを探っていきたい」

posted by ジーニアス at 00:31
"GSP「UFCとの関係は良好だけど同意できない部分がある」「復帰戦がUFC 200である必要はない」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索