2016年03月21日

ニール・マグニー「レフェリーはファイターを守るためにいるのに全然仕事をしなかった」

Neil Magny: ‘Ref Should Have Stepped in Earlier’ to Protect Hector Lombard(Sherdog)

 『UFC Fight Night 85: Hunt vs. Mir』でヘクター・ロンバートに3R TKO勝ちしたニール・マグニーが試合後会見で2Rのグラウンド&パウンドの時にレフェリーが試合を止めなかった件について以下のコメント。

「勝つためにこのスポーツをしている以上、相手にダメージを与えているのに止めてくれないのは辛いもんだ。レフェリーはファイターを守るためにいるのに全然守る気がなかった。もっと早く止めて欲しかったが、それは俺の仕事じゃない。こっちは闘い続けるしかない」

「第1ラウンドでケガしてしまった。ダウンした時に足を回復させるために身を守らなきゃいけなかった。アゴの防御をしてたら頭に何発も喰らってしまったので違う防御手段にスイッチしなきゃいけなかった。闘い続ける手段を見つけなきゃいけなかった」

「理想を言えば年内にトップ5と対戦した後にタイトルに挑戦したい。それが目標だ」

[アディダス] adidas レフェリーバッグ
[アディダス] adidas レフェリーバッグ
posted by ジーニアス at 14:02
"ニール・マグニー「レフェリーはファイターを守るためにいるのに全然仕事をしなかった」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索