2016年03月18日

デイナ・ホワイト「6年前、マーク・ハントに30万ドルでPRIDE時代の契約を買い取ると言ったのに、彼はUFC出場を選んだんだ」

勝負論 (新潮新書)
勝負論 (新潮新書)

ダナ・ホワイトがマーク・ハント獲得の経緯についてコメント/ボビー・ラシュリー「ヒョードルと対戦してもいい」etc.(2010年07月10日)

 こちらの続報。6年前、デイナ・ホワイトがツイッターで当時5連敗中だったマーク・ハントと契約した理由を尋ねられて「私たちがPRIDEを買収した時の契約の一部に彼の試合契約が含まれていたからだよ」とコメントしましたが、

Round 6: Dana White says the UFC offered Mark Hunt $400,000 ‘to make him go away’(The Daily Telegraph)

 この時の経緯についてデイナ・ホワイトが以下のコメント

「30万ドル(40万豪ドル)も払えば納得して出て行ってくれるだろうと思っていた。だがみんなも知っての通り彼は拒否したんだ。彼は『ありえねぇ、クソッタレ。俺は闘いたい。俺はそういう人間だ』と言った。結果、それは大正解だった。マーク・ハントはそれよりももっと稼いでしまったんだからな」

「マーク・ハントはこのスポーツで最も素晴らしいストーリーのひとつだ。愛さずにはいられない。『もう彼が闘うところは見たくないよ』と言うヤツは一人もいない。私はこの業界では珍しく『もう十分やったんだから引退しろ』と言うタイプだ。そしてファンからボロクソ言われてしまう。だが私はそういう手段で1ドルも稼ぎたくない。私はコンペティターに出場して欲しいし、ケガもして欲しくない。そしてマーク・ハントはまだまだやれる。ベテランが何度もノックアウトされると心配になるものだが、マーク・ハントにそれは当てはまらない」

 ハントは日本大会やオーストラリア大会などファイトマネーが公表されない大会に出場することが多いので最近の金額は分かりませんが、2013年5月の『UFC 160: Velasquez vs. Bigfoot 2』でジュニオール・ドス・サントスと対戦した時の金額は16万ドルでした。また、最初の2試合(UFC 119のショーン・マッコークル戦、UFC 127のクリス・タクシュラー戦)も公表されていませんが、デイナによると出場給は僅か6000ドルだったそうです。

 なお、ファイトマネー以外だとパフォーマンスボーナスのみで合計32万5000ドル稼いでいます。

posted by ジーニアス at 23:56
"デイナ・ホワイト「6年前、マーク・ハントに30万ドルでPRIDE時代の契約を買い取ると言ったのに、彼はUFC出場を選んだんだ」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索