2016年03月17日

ルーク・ロックホールド「前回よりも早くクリス・ワイドマンを仕留める」

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣
「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)

UFC champ Luke Rockhold: Chris Weidman 'a lost puppy' ahead of UFC 199 rematch(MMAJunkie)

 6月4日にロサンゼルスで開催する『UFC 199: Rockhold vs. Weidman 2』でクリス・ワイドマンを相手にミドル級王座防衛戦を行うルーク・ロックホールドが以下のコメント

「明らかに彼はベルトを失って感情的になっている。自分が見えていない。その感情が好影響をもたらすかはいずれ分かるだろうが、俺の知る限りではそうはならない。彼の予想どころか俺の予想している以上に早く終わるかもしれない。俺にとってクリスは脅威じゃない。俺を倒すような武器を持っているとは思えない。彼はグレートファイターだが、俺はベストだ」

「前回とは違う展開になるね。早い決着だ。それを正確に実行する。クリスは足をケガしていたわけじゃない。両足でしっかり蹴っていた。一方俺は抗生物質を打って闘っていた」

「彼は以前ジョン・ジョーンズはこのスポーツにとって良くないから自分が闘うとか言ってたくせに、今度はジョン・ジョーンズに協力したいとか言っている。彼は負けたことで迷子の子犬のようになってしまった。気の毒だし、彼をこれ以上傷めつけても良いものかと思ってしまう。だからなるべく痛みの無いよう早く終わらせるつもりだ」

posted by ジーニアス at 22:02
"ルーク・ロックホールド「前回よりも早くクリス・ワイドマンを仕留める」"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
記事検索